特攻隊の真実を次の世代へ

写真:鳥浜トメ

特攻の母
特攻隊員達のお世話をした
鳥濱トメ(享年89歳)

写真:鳥浜明久

トメの孫
トメの遺志を80万人以上に語り継いできた
鳥濱明久(享年62歳)

二人が遺してきた特攻隊の歴史や真実を
次の世代へ伝えていきます

1945年、第二次世界大戦末期の沖縄戦。鹿児島知覧において、日本を守るため空に飛び立った若者達。
彼らは、家族や大切な人を守るために「命」を「使って」神風特攻を行いました。
トメが特攻隊員から受け取った遺書や写真、知られざる歴史・・・。
私達は「鳥濱トメ」「鳥濱明久」が遺してきた真実を次の世代へと伝えてまいります。

NEWS

2021/11/26
資料館 富屋食堂のページに情報を追加しました。
2021/10/10
資料館 富屋食堂のページに情報を追加しました。
2021/1/8
お食事 知覧茶屋のページを公開しました。
2020/12/10
資料館 富屋食堂のページを公開しました。
2020/8/10
当サイトを公開しました

鳥濱家が厳選したお土産をオンラインで

とみやのおみや

stores.jp で公式ショップを開設しました

鹿児島知覧にゆかりのあるお土産を、鳥濱家が厳選しました。売上金の一部は、ホタル館富屋食堂の継続や鹿児島知覧の地域貢献のために、大事に使わせていただきます。

とみやのおみや

写真:富屋食堂

資料館ホタル館 富屋食堂

軍指定食堂だった「富屋食堂」を当時のままに再現した資料館です。検閲を通っていない特攻隊員の遺書や写真を多数展示している資料館であり、当時のままの遺品を見ることができます。

資料館

写真:知覧茶屋

お食事知覧茶屋

知覧茶屋は、特攻の母「鳥濱トメ」の味をそのまま引き継いだお店です。ここ知覧には大東亜戦争末期、陸軍特別攻撃隊の最前線基地がありました。実の孫である鳥濱明久が、ここでしか味わえない”本物の味”をお出ししています。

お食事

写真:鳥濱トメ

鳥濱トメ

富屋食堂の女将で、多くの特攻隊員のお世話をしていたことから「特攻の母」と呼ばれていました。隊員らをわが子のように慈しみ、私財を投げ打ってまでも親身に接しました。

※ 紹介ページを制作中です

写真:鳥濱明久

鳥濱明久

鳥濱トメの孫。資料館「ホタル館 富屋食堂」の館長。また、トメの味をそのままに受け継いだ「知覧茶屋」の店主でもある。トメから直接聞いてきた当時の真実を現代に残し、語り継ぐ為に今も伝え続け、延べ人数は80万人以上になる。

※ 紹介ページを制作中です

写真:特攻隊員出陣

トメ/明久が知る特攻隊

特攻隊とは、1945年、第二次世界大戦末期の沖縄戦で、自分の命を国に捧げ戦闘機と共に敵船へと突撃した部隊の事です。愛する家族・日本を守るため、多くの若者が空へ飛び立っていきました。

※ 紹介ページを制作中です

クラウドファンディングでのご支援
ありがとうございました

支援額千七百万円・支援者数615人

目標金額300万円を、わずか2時間で達成

コロナウイルスの影響により鹿児島知覧への観光客は激減し、富屋食堂は閉館の危機を迎えていました。しかし2020年7月、クラウドファンディングにおいて目標金額を大きく上回るご支援を頂くことができました。本当にありがとうございました。

※ 当サイトは、クラウドファンディングによる支援金で運営されています。

CAMPFIRE

写真:鳥濱拳大

語り手が高齢化する問題の解決へ
風化する史実を100年後にも残すために

はじめまして、鳥濱拳大(けんた)です。私の父、鳥濱明久は、「特攻の母」と呼ばれた鳥濱トメの内孫にあたります。父は、トメから直接受け継いだ史実、遺志を30年間にわたり80万人以上に語り続けてきました。そんな偉大な功績を残してきた父を心から尊敬しています。私は今、特攻隊員の真実を伝え守り続けるため、鹿児島県知覧町にあるトメの味を受け継いだ「知覧茶屋」で料理長を務めています。これからは、私が特攻隊の真実を次の世代に残していきたいと思っています。精一杯頑張りますので、皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。

鳥濱拳大(とりはまけんた)