特攻隊員の様々な遺品を
展示している資料館
ホタル館 富屋食堂

富屋食堂は、鹿児島県知覧町にあります。
大東亜戦争末期、軍の指定食堂として数々の特攻隊員を支えてきた場所です。
この場所を残そうと、「鳥濱トメ」「鳥濱明久」が大切に未来へと繋いできました。

写真:鳥濱拳大

現館長

鳥濱拳大

はじめまして、鳥濱拳大(けんた)です。私の父、鳥濱明久は、「特攻の母」と呼ばれた鳥濱トメの内孫にあたります。父は、トメから直接受け継いだ史実、遺志を30年間にわたり80万人以上に語り続けてきました。そんな偉大な功績を残してきた父を心から尊敬しています。私は今、特攻隊員の真実を伝え守り続けるため、鹿児島県知覧町にあるトメの味を受け継いだ「知覧茶屋」で料理長を務めています。これからは、私が特攻隊の真実を次の世代に残していきたいと思っています。精一杯頑張りますので、皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。

写真:鳥濱トメ

鳥濱 トメ 享年89歳

鳥濱トメは、富屋食堂の女将でした。
特攻隊員のお母さん替わりとなって話を聞いたり、
明日飛立つ若者に食べたいものを自分の私財を投じて、
食材を買い料理をしていました。
また、届かないはずの手紙(遺書)を彼らから直接預かり、
家族の元へ届けたりと、特攻隊員の最期にやりたいことを
叶えてあげました。鳥濱トメは「特攻の母」と呼ばれるよ
うになり、映画や舞台、ドラマや小説など、多くのメディ
アに取り上げられました。

写真:鳥濱明久

鳥濱 明久 享年62歳

鳥濱明久は、「特攻の母」と呼ばれた鳥濱トメの
内孫にあたります。トメとは31年間共に暮らし、
その中でトメから直接受け継いだ史実、遺志を30
年間にわたり80万人以上に語り続けてきました。

ホタル館 富屋食堂とは

知覧は、大東亜戦争末期、沖縄に上陸した米軍に対し、
20歳前後の若者達が250kg爆弾を飛行機に積み、
敵艦に体当たりをしていった「神風特攻隊」陸軍最大の特攻基地となっていました。
軍は、特攻隊員の食事などの場として「富屋食堂」を軍の指定食堂としました。
ここでは、食事の他、身の回りのお世話などもされていました。
富屋食堂は現在、検閲を通っていない特攻隊員の遺書や写真を多数展示している
「ホタル館 富屋食堂」という資料館になっています。
資料館では、特攻隊員の遺品や遺書が展示されております。

写真:富屋食堂

写真:富屋食堂

写真:富屋食堂

写真:富屋食堂

写真:富屋食堂

写真:富屋食堂

写真:富屋食堂

写真:富屋食堂

写真:富屋食堂

運営会社

社名
有限会社ホタル館
代表者
代表取締役 鳥濱拳大
住所
鹿児島県南九州市知覧町郡17045番地13
電話番号
0993-58-7566
Fax番号
0993-58-7565
資本金
金300万円
業務概要
資料館の管理運営業務
全豪に附帯する一切の業務
沿革
1929年 富屋食堂が開業
1941年 太刀洗陸軍飛行学校知覧分教所が開設
1942年 富屋食堂が軍指定食堂に任命。
知覧飛行学校の生徒が富屋食堂にて食事を行う
1945年 知覧が陸軍最大の特攻基地となる
1975年 道路拡張工事の為富屋食堂が取り壊される
1992年 鳥濱トメ死去(89歳)
2001年 ホタル館富屋食堂開館
2021年 鳥濱明久死去(62歳)

写真:武田勝彦

ホタル館富屋食堂 特任館長武田勝彦

日本一知覧に通った男。2016年、故・鳥濱明久氏より、知覧に100回以上通った功績を認められ、鳥濱家と共に、後世に史実を伝え続ける語り部として、ホタル館富屋食堂の特任館長を拝命される。経営者をはじめ、サラリーマン・OL・主婦・学生など2,000名を超える人々を知覧研修でガイドをしている。